木の家 その1

  • 20160228_077
  • kumalog_slider_2_03
  • 01b579a0c2a57f95f7285b134d724e6d-1
  • kumalog_slider_2_01
  • kumalog_slider_2_02
  • 1ff08c5de530220cac3b800f38a7c5cd
  • 556d394b34613c8014dac8bedae03fc2
  • 53aa34ffa402f36e087b50cd6c02deca
  • kumalog_slider_2_04
  • kumalog_slider_2_10
  • 824999178e03023ad999fc3edac6f2a5
  • kumalog_slider_2_09
  • kumalog_slider_2_07
  • c83a25ecf5926f5ae7d93b1171350aad
  • kumalog_slider_2_11
  • kumalog_slider_2_05
  • 9c6131264bb126fc7b443355743bb2f7
  • 20160228_068
  • 6e7b81a28b8e968ac79844c0b2b5a150
  • kumalog_slider_2_13
  • 20160228_008
  • kumalog_slider_2_12
  • kumalog_slider_2_14
  • 気持ちを込めて刻んだ丸太です。
    気持ちを込めて刻んだ丸太です。
  • 建て方にはクレーンを使います。
    建て方にはクレーンを使います。
  • 丸太が太いので安定感がありますね。
    丸太が太いので安定感がありますね。
  • 仕口や継ぎ手はガッチリと叩き込んで。
    仕口や継ぎ手はガッチリと叩き込んで。
  • 太い丸太の大黒柱
    太い丸太の大黒柱
  • 無事に棟があがりました。ありがとうございます!
    無事に棟があがりました。ありがとうございます!

※写真撮影:Arietta Photo Office

こちらの事例は、オーナー様のご厚意により、作成過程をKUMALOG Facebookページにて公開させていただきました。

ご興味の有る方は、住まいの出来るまでをオーナー様と共につくりあげてきた過程を御覧ください。